つわりのピーク

よくテレビドラマで、女性が急に吐き気を感じトイレや流しに駆け込む、というシーンを見たことがありましたが、実際に妊娠してつわりがくると本当に猛ダッシュで駆け込んでいました。
その頃接客業をしていた私は、お客様が相手だったので、途中で居なくなる分けにもいかず、何とか気合いで我慢して、帰られたあとに急いでトイレに走りました。
特に夕方から夜にかけてはつわりがひどく、お店を閉めたと同時に、気が緩んだのか吐き通しで家に帰ることすら出来ない時もありました。
職場はあまり妊娠に理解があるところではなかったので、お仕事も妊娠前と変わらずに忙しくしてましたし、少しでも早く帰らせて貰うのも許されない環境だったので、それも大変でした。
もう少し理解のある職場だったら、仕事を軽くしてもらえるとかあったのかな、と思います。

 

普段風邪をひいたときになどに吐き気をもよおす事がありますが、私は「吐きたくても吐けない」というタイプで、子供の頃から大人になるまで「吐く」という行為が本当に少なかったのが、ある日から突然、毎日始まるのでとても辛くて、明日もこの気持ち悪さは襲ってくるんだ、と分かっていると尚更嫌になりました。
しかし、これも赤ちゃんがお腹で育っている証なので、辛いながらも耐えて乗りきることができました。